1968年創業

食を考える元気企業

取締役 飯田太輔

代表取締役 有間文雄

1968年創業

食を考える元気企業

弊社勝企画の前身は昭和43年に銀座4丁目でオープンしたスコットというお店です。

その後、昭和51年にはスコット二号店がオープンし、まだ子供だった私も、父の働くお店に自然と出入りし、お店で過ごすお客様の笑顔を見て育つうちに、いつの間にか料理に興味を抱くようになりました。

高校生のころには、なんとなくこの業界に入る事を意識していたように感じます。

高校卒業間近になると、父に大学に行くならサラリーマン、家業を継ぐ気があるなら、料理を学びなさいと言われ、迷い無く料理の道を選びました。

調理の専門学校を卒業し、寿司屋や和食店で修行をした後、ニューヨークのとあるデパートが経営するレストランで3年間修行しました。

海外へ渡ったのは、当時から危惧されていた日本の人口減少に備え、来日外国人のための料理と英語を学ぶためでしたが、そこでかけがえの無い出会いもありました。

それが、現在のパートナーである飯田との出会いです。

当時まだ学生だった彼を「日本に戻ったら一緒にやろう」と口説き、現在まで二人三脚で歩んでまいりました。

ニューヨークから帰国後、更に腕を磨くため、銀座の老舗寿司屋や関東で一番人気の寿司屋などで修行し2000年、弊社の最初のお店となる独楽のオープンに合わせ、家業に戻り今に至ります。

それから現在までの道のりは平坦ではありませんでしたが、「継続はチカラなり」を合言葉に、お客様のご要望、スタッフの成長に合わせ、銀座を中心に少しずつ業態を増やしてまいりました。

2015年には、ベトナムのホーチミンに独楽の姉妹店をオープンすることもできました。

外国に出て、色んな国の人と出会うと、日本の良さが改めて感じられます。もちろん、全てにおいて日本が優れているとは言いませんが、日本人だからこそできるおもてなしや誠実な経営をこれからも大事にしていきたいと考えています。

会社が成長するにつれ、たくさんの大切なパートナーも増えました(われわれのスタッフは真面目で料理が好きな人ばかりです)。

これからも「継続はチカラなり」を胸に、パートナーと共にゆっくりとではありますが着実に前進していきたいと思っております。

店舗一覧